~ました、~て+しまいました、~おわりました の違いについて。

みなさん、 こんばんは。 今日、~ました、~て+しまいました、~おわりました について話したいと思います。 下記の例をみたら、わかると思います。 今度、学校の先生に聞いてみてください。   ~ました ~てしまいました ~おわりました Example sentence 朝ごはんを食べました 朝ごはんを食べてしまいました 朝ごはんを食べおわりました English Translation I ate breakfast。 I have completely finished my breakfast。 I have finished eating my breakfast。 Is Action Fully Completed? No Yes No   If the person eat 1 mouthful of rice or more, this phrase is used. The personContinue reading “~ました、~て+しまいました、~おわりました の違いについて。”

「が」とは

皆さん、 こんばんは。 今日、「が」の説明をさせていただきたいと思います。 =================================== 「が」 is used in a situation when the predicate describes only 1 subject. 「は」 is used to make the word preceding particle 「は」 to be the topic of the sentence. Below are some example sentences how 「は」 and 「が」 can be used. 1. As a subject in a positive sentence describingContinue reading “「が」とは”

Different between 「が」、「でも」,「しかし」、「ただし」

更新: 2020年1月15日 皆さん、 おはようございます! 明日祝日ですから、やっと休めます。 今日、「でも」、「しかし」、「ただし」、「が」について説明しようと思います。 「が」は対比的:私はそうしようと思うが、彼はそうではない。 私と彼の状況の対比 -が 1 〔しかし〕 but; however; (and) yet; still; 〔…だけれども〕 though; although; while. ▲見かけはごついが, 根は優しい男だ. He looks rough [He has a tough look], but he’s kind at heart. | He has a kind heart in spite of his rough exterior. ・行きたいが暇がない. I’d like to go, but I don’tContinue reading “Different between 「が」、「でも」,「しかし」、「ただし」”

「ば」「たら」「と」「なら」の違い

皆さん、日本語能力試験お疲れ様でした。 今日、日本語における条件表現についてお話したいと思います。日本語の条件表現は、ネイティブでない人にとって最も難しい文法項目の一つとされています。英語などと違い、日本語は「ば」「たら」「と」「なら」という四つの条件語句があります。これらは全部英語の「if」に当たるだけに、日本語学習者がよく使い方を混同するわけです。 (1)安ければ、売れます。 (2)安かったら、売れます。 (3)安いと、売れます。 (4)安いなら、売れます。 上に示すように、「ば」「たら」「と」「なら」は取り替えても同じように使える場合もあります。しかし、そのそれぞれ言われることの焦点が異なるのです。したがって、日本語の条件語句をマスターするには、まずその一つ一つの特徴を理解するのが大事です。下のテーブルにその特徴をまとめました。 焦点 ポイント  S1ば、S2  条件であるS1 – S2が起こるには、S1が必要です – 「S1が起こらなければ、S2が起こらない」という意味合いが入っています  S1たら、S2  S1とS2の時系列 – S1が起こった場合、S2が続いて起こります  S1と、S2  結果であるS2 – S1が起こる場合、その結果はS2です – S2は話し手の意志でない、または、コントロールできないことです  S1なら、S2 – – 相手の言ったこと・様子であるS1に対して、話し手の判断・意見である S2を述べます 上述以外に、他にも「ば」「たら」「と」「なら」に対する色々な学説があるので、それらを参考にする必要もあります。ついては、以下の文献をご紹介したいと思います。 前田直子(2009)『日本語の複文:条件文と原因・理由文の記述的研究』くろしお出版 松岡弘・庵功雄・高梨信乃・中西久実子・山田敏弘(2000)『初級を教える人のための日本語文法ハンドブック』スリーエーネックワーク 日本語記述文法研究会(2008)『現代日本語文法6:第11部複文』くろしお出版 どんな言語でもそうですが、中級・上級に進んでいくと、意味の似ている文法・語彙がどんどん出てきます。とはいえ、怖がることは一つもありません。そのニュアンスさえしっかり把握できれば、それほど難しくはないと思います。お互い頑張りましょう!

N4文法: 受身形 (N4 Grammar:Passive form)

皆さん、 おはようございます。(Good morning everyone) 今日は受身形について説明したいと思います。 (Today, i’ll like to share about Passive form) _________________________________________________ まず、受身形の変え方を見ましょう。 (First of all, let’s take a look at how to change) Group 1: Change to ない-form, remove 「ない」 and add 「れます」 E.g: 行きますー>行かないー>行かー>行かれます。 Group 2: Remove 「ます」, then add 「られます」 . Same as 可能形 E.g: 「食べます」->たべー>たべられます。 Group 3: 「します」ー>「されます」, 「来ます」ー>「こられます」 _________________________________________________Continue reading “N4文法: 受身形 (N4 Grammar:Passive form)”

N5文法:「何(なに)」と「何(なん)」,いつ「なん」を使う?いつ「なに」を使う? (N5 Grammar: When you do use なん、 When do you use なに?)

皆さん、 こんにちは. (Good day everyone) 今日はまたN5文法の謎を解いていきます。  (Today, i will solve another mystery from N5 Grammar). いつ「なん」を使う?いつ「なに」を使う? (When you do use なん、 When do you use なに?) 1.If 「何」 is followed by 「と」、「だ」、「で」、「の」「ですか」, 「なん」 is used. 2.When you express quantifiers, e.g なんぼん、なんびき 3.When 「何」 is followed by 「も」、「が」、「を」, 「なに」 is used. The reason why 「nani」 becomesContinue reading “N5文法:「何(なに)」と「何(なん)」,いつ「なん」を使う?いつ「なに」を使う? (N5 Grammar: When you do use なん、 When do you use なに?)”

N5文法:「に」と「で」の違い (N5 Grammar: Difference between に and で)

皆さん、 おはようございます。 (Good morning everyone.) 今日、日本語教師養成コースのコーチからアサインメントの添削をもらいました。そのアサインメントにある質問、「に」と「で」の違いについて話しましょう。 (Today, i received my correction for my teaching course assignment. There’s a question in the assignment regarding 「に」 and 「で」 which i like to talk about. ) 「に」: ① 移動行為の方向を示します. 英語の「to」に大体対応します。 (Indicate a direction of a movement act. It’s similar to 「to」 in English. ) ② また、間接目的語の後ろにも置かれます。 (Also, itContinue reading “N5文法:「に」と「で」の違い (N5 Grammar: Difference between に and で)”

「くださる」対「いただく」:どちらがもっと丁寧? (Kudasaru vs Itadaku: which is more polite?)

皆さん、 こんにちは。週末はどうでしたか。 (Good day everyone, how was your weekend?) 先週、会話クラスで授受動詞(Verbs of receiving and giving)を教えました。 ある生徒は私にこう言ってくれました。「先生、I am confused. What’s the difference between くださる and いただく? Aren’t they both 敬語?Which is more polite?」 今日、詳しくその質問に答えます。 (Today, i will answer the question in more detail) Firstly, 「くださる」 is a honorific verb, whereas 「いただく」 is a humble verb. When youContinue reading “「くださる」対「いただく」:どちらがもっと丁寧? (Kudasaru vs Itadaku: which is more polite?)”