Differences between 「なければならない」と「なければいけない」: Repost

更新: 13th Dec 2022

皆さん、

おはようございます。This is a repost.

EDIT (13th Dec 2022):
Please note that the contents have been adapted from Tobira, Gateway to Advanced Japanese, which are written by native Japanese professors. I have also added content from 初級日本語文法と教え方のポイント。でたらめではありません。
————————————–
「なければならない」と「なければいけない」の違いを説明したいと思います。

「なければならない」は話し手が自分に義務があるという意思を表します。

goo辞書より: 責任・義務の意を表す | 必要不可欠の意を表す
初級日本語文法と教え方のポイントより: 「なければならない」はやや硬く、改まった印象を与えます。

例:  国民はみんま税金を払わなければなりません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一方、「なければいけない」は話し手が聞き手に義務があるのを言いたい時に使う。

goo国語秘書: 「そうする義務や必要があるという気持ちを表す。」

初級日本語文法と教え方のポイントより:
「なければいけない」は会話的な感じがします。
相手の行為・事柄に対して義務や必要性を述べる場合、「~なければいけない」を用いると、相手への促し (強制力)が強くなります。


E.g この(_______)に入れるのは、助詞でなくてはいけません。

___________________________
また、上記の2つの文法は相手に助言を言いたい時や自分の願望を言う時、使いません。

この映画はすごく面白いので、みんな見なければなりません。 →不自然

この映画はすごく面白いので、みんな見たほうがいいです。 →OK
___________________________
Hi all.

This is a repost.

I’ll like to explain the difference between 「なければならい」と「なければいけない」.

「なければならない」express that the speaker has an obligation to do ~

From goo辞書: Showing feelings of responsibility, obligation, necessity. 

E.g  国民はみんま税金を払わなければなりません。 (Citizens have to pay tax)
___________________________

On the other hand, 「なければいけない」 is used when the speaker expresses to the listener that the listener has an obligation to do ~

From goo 国語秘書: 「そうする義務や必要があるという気持ちを表す。

From 初級日本語文法と教え方のポイント:
「なければいけない」has a tendency to be used in conversations. When describing an obligation, necessity towards the listener’s actions and matters, if 「~なければいけない」is used, the urge/compelling force towards the listener will be stronger.

 

E.g この(_______)に入れるのは、助詞でなくてはいけません。 (You must put in a particle in the brackets)

 

Some other examples (from point 3)

人はいつか死ななければなりません。→OK

人はいつか死ななければいけません。→Sounds unnatural.
___________________________

Take note that these 2 grammar points cannot be used to give advice and when expressing one’s own aspirations.

E.g

この映画はすごく面白いので、みんな見なければなりません。 →Unnatural

この映画はすごく面白いので、みんな見たほうがいいです。 →OK



References/Source:

  1. Tobira, Gateway to Advanced Japanese (Pg 43)

  2. 研究社新和英大辞典第5版
  3. 初級日本語文法と教え方のポイント
  4. https://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/tsushin/grammar/201509.html
  5. https://www.nihongo-appliedlinguistics.net/wp/archives/5812

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: